リラクゼーションストレッチ強度

リラクゼーションのためのストレッチの強度は痛くない程度です。よくバレエや新体操の選手は痛みに耐えて筋を伸ばしているイメージがありますが、リラクゼーションの観点からは逆効果です。プロとしてバレエや新体操をやっている選手は多少強引にでも柔らかくする必要があるので、我慢してやっている面もあります。なので、可動域を広げる場合とリラックスする目的の場合はストレッチの強度が違うということです。中間くらいの感じで伸ばしていくことも可能ですが、あまりに伸ばすと次の日に痛くなるので気を付けた方が良いです。運動不足解消にもなります。

ストレッチを取り入れて

社会人になると身体を動かす機会が極端に減少して、身体が固まっていってしまうことが良くあります。すると、身体の代謝機能が低下して、毒素がたまりやすくなり、健康に影響を及ぼしてしまうことが良くあります。そのため、ストレッチを取り入れてリラクゼーションをすることが大切です。ストレッチをすることで固まっていた筋肉がほぐれ、血流が改善して代謝も向上します。すると、たまっていた毒素が排出していき、身体全体の機能が良く働くようになるのです。このようなリラクゼーションにより、ダイエットや自律神経の改善にも効果が期待できるのです。

リラクゼーション効果情報

↑PAGE TOP

Copyright & copy; リラクゼーションのストレッチ All rights reserved